コロナ禍のロックダウンが続くバランガイで、「オムツやミルクが足りない」との声を受け、現地愛の会のクリストファーさんらが新たな取り組みを始めました。
日本からの私たちの送金を担保に、近隣の店舗から必要な物資を入手し、家庭に届け、子どもたちを支援し始めました。

厳しい状況の家庭に届けたそうですが、他にも必要としている人からの求めもあり、限られた物資しかないことを伝えているそうです。

この取り組みが、子どもたちの笑顔と家族の安心につながっています。クリストファーさんらは継続して支援する準備をしています。

オムツやミロ、お菓子が届けられた
購入した物品を仕分けするエスピナさん家族

①クリストファーさんからのメッセージ

Hello M’am greetings to all Ainoki family,

We establish credit facilities to a stores nearby to ensure early and on time delivery of these covid relief for the children aid 😊

we just selected those who are in severe situation and the household in need, problem arise for those who are also requesting for diapers and milk when they saw it and asking they need also, i just have to explain about the situation that we have only limited goods and its not for everyone.

②愛の樹からの返信

Oh. Great! What a relief!
I’ll forward message and photos to all.

Though these relief things aren’t enough for all of them who are in need, this is certainly a great relief to them not only tangibly but also intangibly.
It’s really great and important. People feel secure we’re sure. So important in our life.

Thanks for the big smile of lovely baby girl 😍❤️
The photos have made us almost cry
We’re so pleased to know the money has been starting to work for them.
We thank you and praise your wisdom and effort❤

③クリストファーさんからの返信

you have brought them every smiles and relief in this trying times you are all ainoki family never failed to help us every step of the way, we are so blessed and greatful having you all in our life. thank you so much 💗

ready for deliveries to our brothers and sisters to the babies out there

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。