詩篇75篇

聖歌隊の指揮者によって、「滅ぼすな」というしらべにあわせてうたわせたアサフの歌、さんび

神よ、われらはあなたに感謝します。

われらは感謝します。

われらはあなたのみ名を呼び、

あなたのくすしきみわざを語ります。

定まった時が来れば、

わたしは公平をもってさばく。

地とすべてこれに住むものがよろめくとき、

わたしはその柱を堅くする。〔セラ

わたしは、誇る者には「誇るな」と言い、

悪しき者には「角をあげるな、

角を高くあげるな、

高慢な態度をもって語るな」と言う。

上げることは東からでなく、西からでなく、

また荒野からでもない。

それはさばきを行われる神であって、

神はこれを下げ、かれを上げられる。

主の手には杯があって、

よく混ぜた酒があわだっている。

主がこれを注ぎ出されると、

地のすべての悪しき者は

これを一滴も残さずに飲みつくすであろう。

しかしわたしはとこしえに喜び、

ヤコブの神をほめうたいます。

悪しき者の角はことごとく切り離されるが

正しい者の角はあげられるであろう。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。