オショチ様
メールとすてきなコスモスの花のお写真、どうもありがとうございます。
昨日から急に多摩地区も冷え込んでびっくりしています。木枯らし1号が吹いたそうですね。慌てて冬物のコートを出しました。
おかげさまでこちら皆元気にしております。
オショチの腰痛が軽減されて本当に良かったです。あと様々な抗がん剤の副作用がなくなりますように。
最近自動車をもっと活用しなければ、と思っております。オショチが北海道や日本全国を自動車で伝道に走り回っていたことを思い起こすと、いつまでも同じところしか運転できない自分が恥ずかしいです。
時間を見つけて運転できるところを少しでも増やしていきたいと思います。今練習しておけばまた将来役に立つこともあるでしょう。
それに自動車の中で家族で過ごす時間というのは特別な気持ちがします。
オショチの運転する車で助手席に乗せていただいて、いろいろなお話を伺ったのも自分の中のどこかに根づいているように思います。ありがとうございます。
それではこれから冬へ向かってどんどん寒さ厳しくなるかと思いますので、どうぞくれぐれもご自愛ください。
とりいそぎ
A

Aへ

メールありがとうございます。

実は今、抗がん剤治療に感謝しています。

悪性リンパ腫の再発で学んだ事が沢山ありました。

今年、ノーベル化学賞の受賞が決まった有機合成化学の鈴木章、根岸英一両博士の成果に、炭素が抗がん剤治療に結び付いた亀の子記号と記事に惹かれました。

抗がん剤が炭素を元に開発されたとは?

オショチは炭素に何故か?子どものころから興味がありました。

石炭もダイヤモンドも同じ炭素で有りながらその用途も性質も全く違う!

ダイヤモンドのように地球の地下深く、高熱と高圧に耐えて生み出された物質に不思議な親しみを持ちました。

何か自分自身の在り方を示された感じでしたから。
闘病生活から学んだ事が有りすぎてまだ整理はつきません。

オショチは建築家から牧師になりましたが、神様から戴いた恵みは量り知れません†

鈴木カップリングよって生まれた抗ガン剤の一例ビンブラスチン

話しは変わりますが、滅多に話はしませんが、オショチの母校のキャンパスがパソコンで検索出来ます。

福岡建設専門学校】建築家のスタートラインです。小さな学校ですがオショチの青春を爆発させた母校です。

学校の歴史、あれこれが掲載されています。

マニラにいる宣教師の横川君は後輩です。

不思議な定めですが!オショチは上京して、早稲田の建築科→3年に編入しょうか?悩みながら、早稲田の雰囲気に馴染めず、やめました。

神の御旨に叶う道が今の道でした。

母から貰った授業料は友だちと飲んでしまいました。

Aに可笑しな返事でしょう!

嗚呼神よ!これからもくねくねした道行きになってもしもべを導いてください。

アーメン・ハレルヤ†
神のしもべ

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA