両親に対する義務

子供たちよ、
父の戒めに耳を傾け、それを守れ。
そうすれば、つつがなく暮らせる。

主は、子に対する権威を父に授け、
子が母の判断に従う義務を定めておられる。

父を尊べば、お前の罪は償われ、

同じく、母を敬えば、富を蓄える。

父を尊べば、いつの日か、
  子供たちがお前を幸せにしてくれる。
主は、必ず祈りを聞き入れてくださる。

父を敬う者は、長寿に恵まれ、
主に従う者は、母を安心させる。

〔主を畏れる人は、父を尊び、〕
僕が主人に仕えるように、両親に仕える。

言葉と行いをもって、父を尊敬せよ。
そうすれば、父から祝福を受ける。

父の祝福は、子供たちの家を堅固なものとし、
母の呪いは、子供たちの家の土台を覆す。

父の名誉を傷つけてまで、
  自分の栄誉を求めるな。
父の不名誉は、お前の栄誉とはならない。

父親を敬うこと、これこそ人間の栄誉なのだ。
母親を侮ること、それは子供にとって恥である。

子よ、年老いた父親の面倒を見よ。
生きている間、彼を悲しませてはならない。

たとえ彼の物覚えが鈍くなっても、
  思いやりの気持を持て。
自分が活力にあふれているからといって、
  彼を軽蔑してはならない。

主は、父親に対するお前の心遣いを忘れず、
  罪を取り消し、お前を更に高めてくださる。

お前が苦難に遭うとき、
  主は、その心遣いを思い出してくださる。
お前の罪は、晴れた日の霜のように
  解け去るであろう。

父を見捨てる者は、神を冒涜する者、同じく
母を怒らせる者は、主に呪われている者。

シラ書(集会の書)3:1〜16

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。