私が愛の教訓を学んだのは、(心底から体験したのは)少年時代でした。

悪童の私のいたずらが止まらず、ある夜庭の柿の樹に縄できつく縛りつけられました。

一晩中です。

腹は減るし、足元から蟻んこがはい上がって来ます。

悲鳴をあげたい気持ちを必死にこらえました。

自分のいたずらを棚にあげ、母への仕返しを考えていました。

「いまに見ちょれ!必ず仕返しするばい!」

縄をほどこうとしますが、反って手首に食い込んできます。

もう諦めました。

なるようになる!腹をくくると眠たくなりました。

どのくらい経ったのか?

“かたっ!”

はっと!して目を開けると母の姿が目に飛込んできました。

一晩中私を見守っていてくれたのでした。

悪童の将来を深く考え、憂いていたのです。

母は涙を流していました。

さすがの悪童もはっ!としました。

深く胸を打たれ、母の前に手をつき心から「ごめんね!」と謝りました。
母の教訓は体当たりでした。

私が勉学のために上京すると決めた時、なけなしのお金をはたいて渡してくれました。

久大線・日田駅のプラットホームから汽車が見えなくなるまで手を振り続けていました。

今も瞼(まぶた)の裏に焼き付いて離れません。
母の愛に私は育てられました。

決して忘れません!

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA