愛するオショチへ
とても悲しいお知らせです。
オショチの病友KSさんですが、先週5月14日に様態が変わり、意識が戻らないまま本日亡くなられました。
しばらくの間、集中治療室(ICU)で治療も行ってきたのですが、力及びませんでした。
山口先生が頑張ってくれました。
今までの強力な治療を乗り切ってきただけにとても残念です。

主にあって 慈恵医大 島田 貴

貴先生へ

えっ!信じられません!

あれ程生き抜こうね!と、誓いあったのに!

彼は6月9日のオショチの外来診察日に、「お見舞いに来ますよ!」と話しましたら、彼は微笑しながら、「残念です。その時は元気になり回復、退院して、いないと思います」と話してくれました。

ブログにも書きましたが!始めから彼とは相性が良くて、オショチの心にしっかり刻みつけた病友でした。

忘れられない生涯の心の友でした。

山口先生もさぞがっかりされたことと深く思います。

残された奥さんのお顔が目に浮かびます。言葉が見当たりません!

彼は彼なりにキリスト様のお話を真摯に聞いて下さいました。

何か予感があったのかも知れませんが?

今からお祈りします。

♪讃美歌「主よみもとに近づかん」と、405番の「山路越えて」をハーモニカで吹奏し、静かに野辺送り(前夜祭)を行います!


主よ彼の魂をあなたの御手にお委ね致します。

ふたたび死を見ることのない永遠の御国にお迎え下さいますように!

残された奥様、ご家族に平安をお与え下さい!

あなたの御子イエス・キリスト様の御名により慎んでお祈り致します!アーメン!ハレルヤ

主の僕

愛川オショチ合掌

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA