体を休める機会を与えられ、過去過ぎ越して来た、あれこれが鮮やかに思い出されました。

昔 母から聞かされました。
人間死ぬとき走馬灯を見ると!
それまでの自分の生き様がすべて現れる。
地獄を見るも極楽を見るのも自分次第。
だからそのことを良く考えて自分を生きなさい!
死の川は誰でも一人で渡るのだからね。
かあちゃんはお前と一緒には行けないよ!
ずしん!と、胸の奥底に響く言葉でした。
仏教徒の母らしい死の受けとめかたでした。
聞きながら、母との別離、手の届かぬ遥か彼方に消えて行く母?
聞きたくない言葉でした。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA