2008年3月30日〜4月5日

十字架の言は、滅び行く者には愚かであるが、救いにあずかるわたしたちには、神の力である。

すなわち、聖書に、「わたしは知者の知恵を滅ぼし、賢い者の賢さをむなしいものにする」と書いてある。

Iコリント1:18-19


2008年3月23日〜29日

イエスは彼女に言われた、「わたしはよみがえりであり、命である。わたしを信じる者は、たとい死んでも生きる。

また、生きていて、わたしを信じる者は、いつまでも死なない。あなたはこれを信じるか」。

ヨハネ11:25-26


2008年3月16日〜22日

"どんな願いでも"

よく言っておく。あなたがたが地上でつなぐことは、天でも皆つながれ、あなたがたが地上で解くことは、天でもみな解かれるであろう。
また、よく言っておく。もしあなたがたのうちのふたりが、どんな願い事についても地上で心を合わせるなら、天にいますわたしの父はそれをかなえて下さるであろう。
ふたりまたは三人が、わたしの名によって集まっている所には、わたしもその中にいるのである」。
マタイによる福音書18:18-20

2008年3月9日〜15日

悪しき者のはかりごとに歩まず、罪びとの道に立たず、

あざける者の座にすわらぬ人はさいわいである。

このような人は主のおきてをよろこび、

昼も夜もそのおきてを思う。

このような人は流れのほとりに植えられた木の

時が来ると実を結び、

その葉もしぼまないように、

そのなすところは皆栄える。

悪しき者はそうでない、

風の吹き去るもみがらのようだ。

それゆえ、悪しき者はさばきに耐えない。

罪びとは正しい者のつどいに立つことができない。

主は正しい者の道を知られる。

しかし、悪しき者の道は滅びる。

詩篇第1篇


2008年3月2日〜8日

わたしたちは、何ひとつ持たないでこの世にきた。また、何ひとつ持たないでこの世を去って行く。
ただ衣食があれば、それで足れりとすべきである。
富むことを願い求める者は、誘惑と、わなとに陥り、また、人を滅びと破壊とに沈ませる、無分別な恐ろしいさまざまの情欲に陷るのである。
金銭を愛することは、すべての悪の根である。ある人々は欲ばって金銭を求めたため、信仰から迷い出て、多くの苦痛をもって自分自身を刺しとおした。
しかし、神の人よ。あなたはこれらの事を避けなさい。そして、義と信心と信仰と愛と忍耐と柔和とを追い求めなさい。
信仰の戦いをりっぱに戦いぬいて、永遠のいのちを獲得しなさい。あなたは、そのために召され、多くの証人の前で、りっぱなあかしをしたのである。

テモテ人への第1の手紙6:7-12

LinkIcon前月分 | 翌月分LinkIcon

PICT1311.JPG