IMG_2263.JPG

愛川オショチ様

白血球がたいへん減少しておられる中で、なお聖日礼拝での力強いお話をインターネットを通じてうかがうことができ、心から感謝しております。

15年ぐらい前でしょうか、大学の後輩で広島出身のBさんが深く苦しんでいるのを知って、オショチにご紹介させていただき、たいへんお世話になったのですが、覚えていらっしゃいますでしょうか?

彼女は実家に年賀状を送ると、返事が来て近況を知らせてくれるときもあるし、年によっては来ないときもあるという感じでしたが、ずっと気になっておりました。

ちょっと連絡が途絶えているなと思っていたら、今年年賀状が来て、一昨年結婚し、すぐ相手の研修についてカナダに行っていたけれど、最近は広島に戻って暮らし始めました、と書いてありました。

メールアドレスがあったのでお便りしてみたところ、ご夫君は熊本出身の九州男児で歯科医師として広島大学に勤めておられ、お母さんは10年ほど前亡くなったけれど、お父さんはお元気で、近くに暮らせるようになって良かった、7月に出産予定で、孫の顔を見せられますと書いてありました。

私はオショチのブログのことや、愛の樹のホームページのことも知らせました。そうしましたら、Bさんは「おしょちにはたいへん辛い時期にとても暖かく包み込んでいただきました。今御闘病中と伺い、1日も早くご回復され、またパワフルにご活躍されることをお祈りしています。」と書いてきてくれました。

とてもとてもうれしくなり、オショチに一言お知らせして改めて感謝したいと思います。

Bさんは深い迷いと苦しみの中であがいておられましたが、オショチの注いでくださった暖かな祈りと励ましを受けて、しっかりと導かれ、今度母親になると言うことです。

これからもきっといろいろな悩みや苦しみに遭うことでしょうけれど、きっと祈りながら進んでいってくれると思います。本当にありがとうございます。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

感謝のうちに
A

Aへ

Bちゃんの幸せ(^-^) 祈りが通じて良かっね!

何しろICUの諸君はAとKから始まったし、そのきっかけは共働学舎の宮嶋眞真一郎先生からだったね!

また、その前のきっかけは地の塩の箱の詩人・江口木綿子さんだったよ。

神様の御心、天運の巡るところ、そのただなかに、我々は居あわせた! 偶然とは言いきれない。

人生ドラマ、様々な人間模様、を見せてもらった!
祈りから溢れた幸せな出逢い!
如何に大事かを噛みしめたよ!
幸せなメールありがとうございました
愛の樹オショチ†


あなたのご意見・ご感想はこちら