おしょちの結果を心配いたしておりましたら、妹がとても悪く、羽田から急いで日帰りのお見舞いに行ってきたところです。
妹はやせてお腹に腹水がたまり、まだ若いのにかわいそうで帰り道涙がでました。
なんとか持ち直して欲しいと祈っております。
人生一寸先はわかりませんね。一生懸命生きようと思いました。

検査の結果最悪のものでなくて良かったです。ちょっとほっとしました。
おしょちの治療の方針が決まられ、痛みが少しらくになられることお祈りいたしております。

おかげさまで私は数値を少しさげてますが、たくさん心配事ができます。
おしょちの治療もつらいと思いますが頑張って下さい。

A

本当に人生一寸先は闇ですね。

お疲れ様でした。
Aさん、くれぐれもお大事にして下さい。

オショチは悪性リンパ腫の治療に耐えられます。抗がん剤治療は副作用との闘いになります。

不思議に身体が痛むと心が浄化されます。
痛みも恵みを含んでいる体験だと思います。
後は神の御心にお委ねします†

妹さんの病状本当に心配です。
人間の力が及ばない、何かがあります。

肉体は弱いものですね。いつか重たい肉体を脱ぎ捨てて、イエス様のみもとに近づく日が訪れます†

霊体に甦り再び死を見ることのない天界に永久の命に甦る希望が在りますから、地上の全ての痛苦にも耐えられます。

希望が人生苦に耐える力になります。
使徒・聖バウロの生きざまをオショチは辿っています。
イエス・キリストの道です。
アーメン・ハレルヤ†
オショチ


IMG_0001-16.jpg

最新の項目が開いています。
別項目を開くにはクリックします。

8月12日〜 腰痛の原因

9月10日〜 肝臓生検

9月21日〜 腫瘍・血液内科

9月28日〜 退院後

オショチ メッセージ&ブログ

スクリーンショット(2010-12-06 11.25.51).png