10:48のメール   

今から始まります。

検査より後が大変で大切です。
肝臓はただでさえも血管血液が多く集まっている臓器。その上、針を刺す病変部分は、他より血液が集まっている。
後で出血しやすく、出血したら、とてもとても大変なことになる。

それを防ぐため最低3時間の絶対安静。
これが、腰背中の痛みのただ中のため、大変に辛い。痛み止めと睡眠薬の注射をお願いしてあります。

その後も明日朝まで、寝返りと、お手洗いは以外は許されない。
何とか、苦痛が少なくて明日朝を迎えられますように†
テレジア和子


  12:39のメール 

予定より時間がかかりましたが、11時半ころに無事に終わりました。
全部で5ヶ所に針を刺して、組織を採取。当然その時点で出血。これを絶対安静で治めることが必須。

止血剤の点滴に並行して、まず抗菌剤、その後、先ほどから睡眠剤、しかし、痛みの我慢の限界にきたので、つい今しがた、痛み止めに変えました。

先ほど何回かに分けて、水分とぶどうをとれました。

お昼はとても無理なので、止めて、夕方に。

点滴で、痛みが和らぎ、何とか眠れますように†
テレジア和子


  14:50のメール   

痛み止め、睡眠剤、共にゆるゆるしか効かない、仰向けで動けないままの辛い時間が、ようやく過ぎました。出血していないので、寝返りとお手洗いだけは、今、OKになりました

取り敢えずお知らせします。
テレジア和子



最新の項目が開いています。
別項目を開くにはクリックします。

8月12日〜 腰痛の原因

9月10日〜 肝臓生検

9月21日〜 腫瘍・血液内科

9月28日〜 退院後

オショチ メッセージ&ブログ

スクリーンショット(2010-12-06 11.25.51).png