慈恵で島田貴先生の診察、CT検査の結果、

1、お腹の動脈の周りのリンパ節が腫れている。
2、肝臓に幾つか、腫瘍と思われる影がある。

すぐに松浦先生が貴先生の診察室に来られ、お二人で相談の結果、そのまま松浦先生の肝臓病棟に検査入院しました。
明日以降、まず、特殊なエコーで肝臓の影が、癌か悪性リンパ腫なのかを調べ、その結果次第だが、肝臓の生検、リンパ節の生検、などに進めて行く。他に胃カメラ、MRI、ガリウムシンチなども行う。

今のところの先生方の意見は、肝臓の影は、癌ではなくリンパ腫の可能性が高い。

検査結果でどのような治療になるのか、が決まるので、入院期間が長くなるか、短期間ですむのかは、まだわからないです。

わずか1ヶ月前の入念なエコーでは、全く何もなかったので、お二人の先生共に、かなり驚かれ、予測の範囲を超えておられたようでした。

腰痛は、松浦先生からのガバチンを今朝まで3回。かなりの眠気とふらつきの副作用があるが、疼痛が鈍痛になって変わってきた、とのこと。

入院中に、会いに来たい者は、来ていいよとオショチからです。
カズコ


100909tokyotower.jpg
Photo by Oshohci

最新の項目が開いています。
別項目を開くにはクリックします。

8月12日〜 腰痛の原因

9月10日〜 肝臓生検

9月21日〜 腫瘍・血液内科

9月28日〜 退院後

オショチ メッセージ&ブログ

スクリーンショット(2010-12-06 11.25.51).png