kevinrosseel_1207_008.jpg

今、正に真夜中。草木も眠る丑三つ時。
われひとりのたうち回る。身体の何処から生じるのか?

この痛みは?原因が見当たらず。甚だ気持ちが悪い。

内科、外科、泌尿器科、血液・腫瘍内科、(東洋医学、西洋医学)の何処にもこの激痛を抑える治療はないのか?
患者は見捨てられるのか!

今、目の前に一粒の薬がある。ナロンエース。市販薬。これは1粒で腰痛に効くが、腎臓・肝臓への副作用が避けられない。
しかし激痛に耐えかねて5日間に6錠服用した。もう、飲めない。
あとに待ち構えている腎不全に罹かりたくはない。

昨夜は、7月31日のあの朝方のバイ・ロケーションの再現を体験した。
夜中に何度も風呂に飛び込んだ。皮膚が白くふやけてしまった。
その間だけ、激痛から解放される。上がるとまた激痛が襲い掛かる。

山室さんの肝臓末期癌は破裂して大量の出血があり、腹がパンパンに膨れた。
腹水を抜き、また出血を繰り返す。その激痛、誰が知る?

彼は最後まで耐えて耐えぬいた。あの気迫は何処かから生じたのか?

彼にしかわからない、痛みに深い思いが湧く。嗚呼!人生とはなんぞや?

神の悪戯か?恵みの試練か?かのダンテの神曲の煉獄の擬似体験か?

神よ、今朝、弟子の若い息子が、自宅アパートのトイレの中で息絶えていました。

先週末、1人で。

死因は心筋梗塞。34歳の若さでした。

アル中治療が成功しかかった寸前の突然死!神よ!何故、かくも若く未来ある青年の命を召し給うのでしょうか?

お答えください†
あなたから不可解な無数の謎解きの力があたえられるまで、わたしは、あなたに問いかけます。
お許しください†
オショチ


最新の項目が開いています。
別項目を開くにはクリックします。

8月12日〜 腰痛の原因

9月10日〜 肝臓生検

9月21日〜 腫瘍・血液内科

9月28日〜 退院後

オショチ メッセージ&ブログ

スクリーンショット(2010-12-06 11.25.51).png