hikari.JPG

そして言った、

  「わたしは裸で母の胎を出た。

  また裸でかしこに帰ろう。

  主が与え、主が取られたのだ。

  主のみ名はほむべきかな」。

 すべてこのことにおいてヨブは罪を犯さず、また神に向かって愚かなこと言わなかった。


旧約聖書 ヨブ記1:21-22




ある会社の社長さんから相談を受けた!

「会社が倒産しそうです! わたしはどうしたらよいのでしょうか?」

資産内容を見ながら話した!
「まだ助かる道はあります! 自分を諦めて事態を投げ出さない事!
 それから付け加える言葉を用意しました!」…。


「どのような言葉でしょうか?」
「わたしを苦境から救い上げてくれた旧約聖書の一句です!

『わたしは裸で母の胎を出た。裸でそこに帰ろう。主は与え、主は奪う。主の御名はほめたたえられよ』
このような時にも
、ヨブは神を非難することなく、罪を犯さなかった」。
 
この言葉を聞いた途端、彼の顔が明るくなった。

「俺は田舎から裸一貫で出てきたから、
綺麗さっぱりしてから田舎へ裸で帰える!ありがとうございました!」


彼はそれから10数年頑張り、
立派に社長を果たし天に帰りました。

LinkIcon最新分を読む

オショチ メッセージ&ブログ

スクリーンショット(2010-12-06 11.25.51).png