もう10年以上も前のこと、クリオンへの小さな(飛行場)、移動の時に行方不明になったスーツケースの中に入れてあった聖書と愛の樹讃美歌が、今朝、帰ってきました懐かしい写真や書類(愛の樹の最初の会則に入会申込書、式次第なども)も共に

昨日、見ず知らずの人から、愛の樹と愛川英雄さんのことで、と電話があり、それが、この聖書と愛の樹讃美歌のことだったのです
今朝届いいたので、石井勇・マリアローナさんに、すぐにお礼の電話をしました。

マリアローナさんの妹さんが、働いていた国内線が倒産したため、倉庫の整理を任されたところ、奥から日本人のものと思われる、聖書とファイルが出てきた。
古いけれど、とても大事なものと思うから、持ち主を探してほしいと、土曜日に里帰りから戻ってきたマリアローナさんが持ち帰ってきた。
本当に大切なもの、何としても持ち主を探したいと思った。と

どうしても見つけたくて、失礼だけど、中をみな見た。愛の樹の会則と役員名簿があった。愛川さんはじめ、どこに電話をかけても繋がらなくて、昨日これでだめなら、自分たちの教会(ミサが英語の教会)に頼むか、桜上水の住所を訪ねてみるか、と考えていた。本当によかった、自分たちこそうれしい

石井さんは51歳。この5月に23歳の息子さんから肝臓移植を受けた。その時、日本の家族、教会だけでなく、フィリピンの家族、教会も夜を徹して祈ってくれた。
まだまだ感染症は怖いし、無理はできないが、順調に回復している。息子の肝臓も順調。

前にトラック運送をしていて、何度か秦野駅前のスーパーに納品して、大阪に走った。丹沢の山並みがきれいだった。いつか体力が回復したら、訪ねたい。

愛川先生は、普通ではない。真にすごい方だと感じた(中にあった写真を見て、ただ者ではない、と)。
その方の書かれた本を送っていただけるとは!たいへんに有難いです!有り難うございます!

クリオン百年祭、神の宿る島のオリジナルビデオ、マグナカルタ、オショチの本全部、そして、祈り愛の樹や聖地の英語版を含めて、手元にあるものを送ります。

何かが動き始めているのでしょうか†

感謝を捧げます†

カズコ


CA001136 コピー.jpg

この記事へのコメント

無くなっていたことすら知らなかったのですが、こんなこってあるのですね。感激です。

タイムカプセルを開けたような感激だったと思います。
ちょっと話は違いますが、40年前にイエス様を信じて、毎日お祈りをしてきました。
昔、一生懸命お祈りした事を覚えていますが、さて一体自分は、あの頃、神様に何をお願いし、何を感謝したのだろう?
神様が、お祈りのメモを持っているかどうか知りませんが、今までの祈りや願い、感謝の記録を見せられたら、感激より恥ずかしい思いの方が大きいかもしれません。
オショチ†と出会って、霊名を戴いた時、断食明けに4人で聖餐式をした時の感激は、今でも覚えています。
感謝
シャローム
創世記ヤコブより

メールをどうもありがとうございます。
神様のお計らいは素晴らしいですね。今週の聖句と聖日礼拝どうもありがとうございます。病気に対する考え方が変わりました
私は死ぬ時にありがとうと感謝して死ねる生き方がしたいです。
OM




フィリピン愛の会について

映像作品・神の宿る島

フィリピン愛の会トピックス

クリオンからフィリピンへ

パスクア主教支援