クリオン教会100周年記念

主イエス・キリストの御名によりご挨拶申し上げます。
主の変わらぬ愛による御祝福が私たち全ての上にありますように。

本教会が始まってから100周年の記念祝典は、2017年5月2日に始まりました。
そして、総主教を始めとする方々の臨席、パラワン連合協議会、地域教会と支部から牧師たちと代議員たちの出席を得て、今年度の協議会でハイライトを迎えました。

福音伝道と教会の建物についての議題がきっきんの課題であり、深い祈りを捧げました。

そしてアガペ教育プログラムのような特別企画について論じられました。

一言にすると、喜びと祝福で記憶される教会活動でした。

協議会のミニスターが、教育こそが貧困に立ち向かう唯一の盾となる、との信念のもと、フィリピンクリオン島を助ける愛の会を立ち上げ、クリオンの恵まれない子供たちに15年に渡り関わってきた愛の樹グループについて全員に話をしました。

そしてこの100年祭のために、改めて23,000ペソ(エスピナさんからを含めてカズコ記)の拠出があり、これによりパラワン本島からやって来た代議員たちが帰島するための食事や旅費をまかないました。(別に会計報告ありカズコ)

代議員たちと集会参加者たちは、立ち上がって拍手をし、主を賛美し、愛の樹グループへの感謝と祈りの言葉を発しました。

皆さまから差しのべて下さった祝福に、改めて感謝いたします。

フランシスコ エスピナ 兄弟

英文で読む



フィリピン愛の会について

映像作品・神の宿る島

フィリピン愛の会トピックス

クリオンからフィリピンへ

パスクア主教支援