約20人に一人が感染

6月に再びコロナ禍となったクリオン島では、現在も新型コロナウイルス感染症の感染者が絶えません。10月9日現在、累計感染者数は1278人で、1164人が回復し、93人が療養中ですが、亡くなられた方が21人となっています。7月末で800人強だったのが、1日6~10人くらいのペースで増加しており、9月には1000人台、10月1日に1200人台に達しました。2020年の調査でクリオン市の人口は、2万3千強人。人口の約5%、約20人に1人が感染したことになり、世界的に見ても感染率が高い地域になっています。

少数民族とエスピナさん

コロナ禍が収まらない中、現地愛の会のフランシスコ・エスピナさんは、新たな決意をわたしたちに伝えてくれました。それはエスピナさんの息子であるクリストファーさんが、クリオン市議会議員選挙に再び挑戦することです。その最大の目的は、クリオン島がハンセン病患者の隔離島になったとき、追いやられ、今なお立場の弱い、「少数民族」への支援です。

マルコス大統領政権下で迫害を受け、クリオンに流れ着いたエスピナさんは、ほどなく体を壊してしまいました。そこを救ったのが少数民族の人々で、彼らから受けた民間療法と看護のおかげでした。
以来、少数民族への支援はエスピナさんのライフワークです。保健省の管轄から市政に移行したクリオンで、エスピナさんは当初から環境委員を努め、やがて市議になり、その後、再生可能エネルギーの会社役員などをしてきましたが、クリオン愛の会などでも一貫して、少数民族への権利保護や教育支援などを行ってきました。

レガシーを継ぐための挑戦

クリストファーさんからのメッセージによると、
「パパエスピナさんは、今回は、最良の好機と言っています。パパは、私に、原住民の人たちを支援するという遺産(レガシー)を継いでもらいたいのです。私たちが敬愛する彼らは支援を必要としています」
「コロナが猛威を奮い始めて20ヶ月。兄弟姉妹の心を恐れさせ、家族に悲しみと被害をもたらし、経済を破壊する中、私は、①若者たちの教育、②食物の安定供給、③健康の保証、そして④仕事の保証、に主眼を置きます」。
そして「この重要なミッションを重要視する候補者は他に見当たらないようです」と記しています。

フィリピンでは、来年5月に、大統領から地域の議会議員まで一斉に選挙が行われます。それを控え、それぞれ立候補のエントリーが行われました。実際の選挙活動は来年の3月から始まるとのことですが、どの程度、選挙に向けた動きがあるかわかりません。前回も立候補したクリストファーさんに、わたしたちも可能な限り応援をしてきましたが、惜敗しました。

クリストファーさんの決意

「家族皆が、愛と祈り、そして確信をもって、心底から私を応援することを決意しました。私たちにとって、これは生やさしい決断ではありませんでした。選挙資金も道具も手薄ですから。けれども、私たちのコミュニティーへの心、愛が、(選挙に立てと)呼び出すのです!クリオン市議に、再び立候補いたします。」

この決意と現地の応援にわたしたちも呼応し、応援していきたいと考えています。

市議選にエントリーしたクリストファーさん(定数は8)

愛の樹からクリストファーさんへのメッセージ(10月9日)

How have you been all?
We’ve had the news that the typhoon no.18th is now on the Philippines, we hope you wouldn’t have any severe damage in Culion.
Love, Yuji, Kazue Ainoki

クリストファーさんから愛の樹へのメッセージ(10月9日)

Hello 👋 Ma’m Kazue, Mr. Yuji, Ma’m Kazuko, and all Ainoki family.
How’s Ma’m Kazuko’s health condition at the moment.?
How are you all?
Right now the weather conditions are fine just a few rain all day, we pray that the typhoon will not much heavy!
It’s been a day that papa Espina-san would like to inform you about our plans to this coming election,as the family decide wholeheartedly supporting me, with love, prayers and confidence it has not been an easy decision for us all knowing our funds for campaign and campaign materials and paraphernalia, but our hearts and love for our community calls us! Once again we decided that I will run again as a aspirant Councilman in Culion, Papa Espina-san believe that this time we have a very good chance since he would like me to continue his legacy helping our minority ( Indigenous People) those who are in need especially that we dearly loves most.
It’s been 20 months since CoViD19 struck fear in the hearts of our brothers and sisters, brought grief and suffering to families and devastating the economy, I’d like to focus on Education for the youth, food security, health security and job security, as things stands now it looks like only few have identified this critical mission.
The election period will be on May 09,2022.
Campaign period starts at March 2022.
Lots of love 💗 and prayers 🙏🏻
Christopher 🙇🏼‍♂️

愛の樹からクリストファーさんへのメッセージ(10月9日)

We understand it is a legacy of Espina san and a specific calling to you, Christopher.
Not so many people may stand for indigenous people.
Your determination to focus on education for the youth, food security, health security and job security, are urgent and universal, aren’t they?
We unite our heart and prayer to you, Espina san and all your family, and Culion people who are waiting for you.
Yuji will update our Ainoki homepage, it will be a small but heartfelt campaign for you here.
Our heart and prayer is always with you all.
Reading your message we realize our dear Espina san is as always, big, deep and warm.
And thanks a lot for your warm prayer to mother Kazuko. Step by step, she is getting better, now she can walk by herself to nearby clinic to be injected.
Much love to you, Espina san, and all your family in Christ💗
Kazue and all your Ainoki family

愛の樹からクリストファーさんへのメッセージ(10月10日)

Dear Christopher, Espina san and family,
We ardently prayed for you together here in Sunday service to God our Father through the Name of Jesus Christ to open the way for you to become a councilman in Culion, as a legacy from your papa Espina san, to serve effectively for the Culion people especially for the Indigenous people in need as in your heart and mind.
We raise fund from today to send you for the need of your campaign, with confidence and hope. We know that in your case, the campaign itself will be direct help for the life of people. Give us little more time, please wait and see.
Please do take care of yourselves.
Love, in Christ,
Your Ainoki family💗

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。