現地愛の会のクリストファーさんらは、子どもたちにミルクやオムツの配布を続けています。エスピナ会長が長年支援してきた先住民族の子どもたちのもとにも、封鎖の中、地元の関係者の許可を得て、保健手順に従って、できるだけ早く家々に配布できるようにしているそうです。

ここ数日は回復者が多く、2日前から新たな症例はないそうです。ありません。
そう遠くないうちに、ロックダウンによる困難な日々から解放される日が来ますように。

隔離期間を経てこの3日間で13人が回復と認定されています

①クリストファーさんから愛の樹へのメッセージ

Goodmorning Ainoki Family! due to a lockdown distribution of milk and diapers takes time to reach them, we have to take a permission from our local officials and follow health protocol as soon as possible we are able to give them house to house❤

there are more recoveries these days no other new case from 2 days now. to God be the glory for the things that He has done🙏

②愛の樹からの返信

Oh!
What a happy news!
We all praise and thank God!
May the days will come in not so long time when you’re free from the difficult days by the lockdown.

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA