エスピナさんからの手紙(2021年1月1日)

新年にあたり、私たちの旅路に主様のご存在を実感します。

2020年、そのどの日にも、主様は私たちと共におられました。ですから、私たちに降りかかった全ての出来事、それが良いことでも悪いことでも、幸せなことでも、悲しいことでも、その全てに私たちは感謝します。私たちは主様の側に立ち、耐え忍ぶ聖霊のみ力に預かるに足る者とされたことにより、ミッション=務めを告げる鐘の呼び声に応えることができました。

同じように、今年も、力強い神様のご存在を、私たちの生活の中に謙虚に感じたいものです。

全てのこと、全ての人を主様に委ね、「主様、私はあなたに信頼し、失敗も含めた全てを御手にお委ねします。私たちの全ての計画、思い煩い、恐れと希望、そして夢の全てをもって、御足元にひれ伏させて下さい」

さらに私たちは、自分たちがまだ生きていることに気付きます。それは、人生にミッション、役目、務めがあるから。

子どものイエス様が、寺院/神殿に現れ身を捧げたように、私たちも主様の御前に身を捧げようではありませんか。

未来がどうなるか、私たちにはわかりません、未来は主様の御手の内にあるからです。

皆さまと、皆さまの大切な方たたに、ハッピーニューイヤー!
私たちの愛する、大切極まりない、愛の樹愛の会グループの皆さんに!

愛をもって💌

エスピナさんと家族より

愛の樹からの返信(2021年1月6日)

心うたれるメッセージを、どうもありがとうございました。

本当に、この機会に私たちは、神様が共におられることを、神様からの贈り物、祝福として、改めて知り、感じることができますね。

お互いに出会い、友となれたのは、神様のお恵みと受けとめ、神様に感謝します。まさに、「驚くばかりの恵み」ですね!

エスピナさんの真心からのお手紙(「クリスマスの手紙」参照)は、私たちを力づけてくれました。

原住民の方たちにどれほどの愛とエネルギーを注ぎ続けて来られたことかが伝わってきます。その分、彼らからも受けて来られたのでしょうとお察しします。

固い信仰、神様への厚い信頼からくるメッセージに、私たちは深く感動しました。心底から、感謝申し上げます。

ええ、私たちは、どれ程の危険、労苦や罠を越えねばならぬとも、常に神様に信じて、そのお導きの元に、「ふる里」に向かって、共に歩んで行かれますね。
今一度、本当に有難うございます。

どんなに、再会したいことでしょう! 神様のお許しがあるならば!

私たち皆から!親愛なるエスピナさんとご家族皆々様へ、沢山の愛を込めて

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。