島の中に散らばるバランガイ(少数民族の村)の1,000所帯以上に米を始め、食糧を配りました。

大変な重労働です。時には荒れる海の中を危険を冒して舟を出し、餓えに瀕し、待ちわびる人々のために、運びました。無私に徹するエスピナさん父子と家族も総動員しての日々。

市役所のバックアップを得ることができたのは幸いでした。

エスピナさんとインダイ夫人(後方)とその家族
荒れる海をバンカでいく

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。