カズコと愛の樹家族へ

オショチさんの闘病のその後の状況を知らせて下さって有り難うございます。

その記述からオショチさんがどんなに耐え難い程の辛さ、大変な状況を通ってきたか、が真に迫って伝わってきました。

しかし、そこからオショチさんが自分に合ったあり方を前向きに見つけようとし、今は希望が見えてきたことが感じられます。

病院の治療そして薬づけになること、から脱する決断をしたオショチさんの病への向き合いかたは、まさに偉大なる

『精神家の在り方』です。

彼は自分の全てを愛しているので、弱っている自分にも、そこからの回復にも、一心に真正面から立ち向かっているのです。

それによって自己免疫力を高めているのだと思えます。

愛の樹の家で、皆に囲まれ、その変わらぬ愛とお世話によってそれを実現しているのです。

大切なのは、その生涯をいつ全うするかではなく、今のような時点でも、その生を最大限最良に生きるということです。

それに考えたら、このことは皆にとって、励みであるし、楽しみすらある、のではないでしょうか?

さもなければ、神が、彼を心から補佐してくれる大変に良い医師と出会わせて下さったでしょうか?

丁度3日前に、癌患者達についての新聞記事を読んだばかりでした。

その人達は、病院医療と薬物治療から脱け出し、食生活を変え、日々の生活を自分に合った、ストレスを減らした生活にした結果、

癌細胞が小さくなった、という記事です。

今、オショチさんはこの癒しの道筋にいるのではないでしょうか。

そうであることを、神のお望みであることを、祷ります。

さて、私と家族のことですが、神のお恵みにより、特に大事はなく、無事に過ごせております。いつもお祷りの中に覚えていて下さり、有り難うございます。

ただ正直なところ、祖国と此所とを自由に往き来しているだけのことだったら、と、どれほど願うことがあるか。それだけのことですが。

しかし現実は、それだけではすみません。

私の安全や牧師の務めの問題だけではなく、私の人生のひとこまとしての意義も含まれていますから。

家族と離れて、今日の時点で、4年3ヶ月2日になります。その間に米国のシステムに、特に移民手続きに関することにずっと関わってきています。中断するわけにはいきません。

一方、妻や家族に会ったり、支えてやったりが出来ていないのです。しかし、我々を強めてくださるお方のお陰で、我々家族は皆何とかやれている、と言えます。

私を始め教会の者達、そして家族は、皆様のことを取り分けオショチさんのことを祷り続けます。

神の御祝福が皆様の上に豊かにありますように

エリ、プレシー、そして子供たち

Dear Kazuko-san and my Ainoki family,

Thank you very much for updating me of Oshochi-san’s current struggle. I seem having vivid imagination of critical and excruciatingly alarming condition Oshochi-san has been going through the way you describe it. But it feels we have a good sign of hope that he positively reacts to the adjusted process of his theraphy now.

He is fighting his disease out now in the great “attitude of activism” as he stepped back from intensive hospital and heavily drug-dependent medication. Because he loves everything about himself and so he is very passionately engaged in squarely facing his own vulnerability and recuperability. So he seems activating his own immunity system in his body. He does it now at Ainoki home as you surround and sustain him with your unyielding love and caring. He may or may not outlive his term but more important is he lives his life to its full even at this point. But look, was it not encouraging and amusing also that you found, or was he given by the act of God, a very good doctor who is willing to assist him?

I was just reading from the newspaper here three days ago about cancer patients at some point have had regression from cancer cells when they got out of the hospital and drug-driven treatment and resorted to basic change of dietary, attitudinal and less stressful life style. I could not remember it in technical terms. But the point is Oshochi-san may now be going through that means of healing. And, I pray that may it be so, God willing.

As of my situation at the moment and of my family, we are surviving and doing well in God’s grace. Nothing much to worry about me and my family. Thank you for continually holding us in your prayers. But admittedly at times how I wished that it was just a matter of whether I would stay on here or I will go back home. That’s it. But the reality is it is more than that. Since it involves not only my security and ministry but also the meaning of this episode of my life.

I have been away from my family for four years and three months and two days at this point, And I have gone myself into the system in the US particularly in going through the immigration process. As far as I am concerned I don’t like to abort it while on course. However, I would neither like to be remiss in seeing my wife and family and in supporting them. But I or we as family can do all things through him who strengthens us, this I can still say so.

I and our members here and my family will continue praying for you, Kazuko-san, especially Oschochi-san and the rest of Ainoki family. May God richly bless all of you.

Blessings,

Eli and Precy and children

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。