【主の栄光】

澄み渡る大空はなんと高く壮大であることか。

天の姿はなんと栄光に満ちていることか。

太陽は現れ、燦然と昇り行き、宣言する。

いと高き方の御業はなんと驚嘆すべきものかと。

真昼になると太陽は大地を干上がらせる。

だれがその灼熱に耐えられよう。

かまどの火を吹く人は、灼熱の中で働くが、

太陽はその三倍の熱で山々を焦がす。

火のような熱気を吹き出し、

照り輝く光線は目をくらます。

太陽を造られた主は偉大な方。

主の命令によってそれは決められた道を急ぐ。

月も定まった時に現れ、

季節を分け、いつまでも時を示し続ける。

月によって祝祭日は定められる。

月の光は周期の終わりに弱まっていく。

月々の名前は、空のこの月によって付けられ、

月は驚くばかりに形を変え、満ちていく。

それは天の軍勢の合図の光、

天の大空にあって照り輝く。

光り輝く星は、夜空の美しい装い。

主の高き所できらめく飾り。

聖なる方の命令で、星は定められた場所につき、

見張りの務めを決して怠ることはない。

虹を見て、その造り主をほめたたえよ。

その輝く様はひときわ美しい。

それは天に栄光の弧を描く。

これはいと高き方の手が引き絞ったもの。

主は命令を下して吹雪を起こし、

主の裁きを行う稲妻を走らせる。

そこで、倉は開かれ、

雲は鳥のように飛び立って行く。

主は大いなる力をもって雲を固め、

粉々に砕いて雹にされる。

雷鳴のとどろきに大地はもだえ苦しみ、

主が現れると山々は震い動く。

主が望まれると南風が吹き、

つむじ風と北風が吹き荒れる。

舞い降りる鳥のように、主は雪をまき散らされ、

その落ちる様は飛び交ういなごの群れのようだ。

目はその美しい白さに驚き怪しみ、

心はその降りしきる様に恍惚となる。

主は塩のように霜を地上にまかれる。

それは凍って、鋭いとげのある花のようになる。

寒い北風が吹くと、

水の面は固い氷となる。

水のある所どこにでも吹きつければ、

水はあたかも胸当てを着けたようになる。

北風は山々を食い尽くし、荒れ野を焼き払い、

火のように若草を枯らしてしまう。

しかし、雨雲はすべてを速やかにいやし、

露は熱風を追い散らし、気分をさわやかにする。

主はその計らいによって地下の大海を静め、

島々をその中に据えられた。

海を旅する者たちは、海の危険について語り、

我々はそれを聞いて驚く。

そこには、不思議な驚くべき主の御業がある。

あらゆる種類の生き物や海の怪物がいる。

主の使いは、主の力によって務めを果たし、

主の言葉によって万物は秩序立てられている。

いかに多くを語っても、決して語り尽くせない。

「主はすべてだ。」このひと言に尽きる。

主の栄光をたたえる力をどこに見いだせよう。

主は御自分のすべての御業にまさって偉大だから。

主は恐るべき方、極めて偉大な方。

その力は驚嘆すべきもの。

主の栄光をたたえ、力を尽くして主をあがめよ。

主はなお、あらゆる賛美にまさる方。

全力を傾けて主をあがめよ。

うむことなく賛美せよ。

これで十分だということはないのだから。

だれが主を見たか、だれが主を語りえようか。

だれがふさわしく主をたたええようか。

以上のことよりまだ多くの偉大な秘義がある。

我々は、御業のほんの一部を見たにすぎない。

主は万物を創造し、

信仰深い人に知恵を与えられた。

(シラ書43章1〜33節)

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。