耳にしたことをそのまま口にしたり、

秘密を漏らしたりすることを恥じよ。

そうすれば、真に恥を知る者となり、

人望を集めるであろう。

【恥じる必要のない事柄】

しかし、以下の事柄は恥じる必要がない。

他人の思惑を気にして罪を犯してはならない。

いと高き方の律法と契約、

不信仰な者への正しい裁きを恥じるな。

仕事仲間や旅の道連れと勘定を清算すること、

他の相続人と遺産を分け合うことを恥じるな。

秤と分銅とが正確なこと、

収益高の多いこと、少ないこと、

商売をして得た利益を恥じるな。

子供を厳しくしつけること、

悪い召し使いのわき腹を血が出るほどに

打ちたたくことを恥じるな。

妻が信用できないときは物に封をするのが良い。

人の出入りが多い所では物に鍵をかけよ。

物を預ける場合には、数と重さを確認し、

収支はすべて書き留めておけ。

物分かりの悪い者や愚かな者、

みだらなふるまいをする年寄りを、

たしなめることを恥じるな。

そして、お前は真に教訓を身につけた者となれ。

そうすれば、すべての人から称賛を得るであろう。

【父親と娘】

娘は父親にとって、人知れぬ不眠のもと。

娘への心配で彼は夜も眠れない。

若いときには、婚期を逃しはしないか、

結婚すればしたで、夫に嫌われはしないかと。

またおとめのときには、父の家にいるうちに

辱めを受けて、子供を宿しはしないかと。

夫を持てば持ったで、過ちを犯しはしないか、

結婚してからは、子ができないのではないかと。

わがままな娘には厳しい監督が必要だ。

さもないと、お前は敵の笑いものになり、

町中のうわさの種、野次馬の群がるもととなり、

公衆の面前で恥をかくことになる。

【女に気をつけよ】

どんな人の美貌にも見とれてはならない。

また、女たちの間に座を占めるな。

衣類からしみ虫が出て来るように、

女からは女の邪悪も出て来る。

男の悪行は、女の善行よりましだ。

女は恥知らずで不名誉をもたらす。

【主の業】

わたしは今、主の業を思い浮かべ、

わたしの見たことを詳しく語ろう。

主の言葉によって御業は成り、

〔御旨のままに定めが実現した。〕

光り輝く太陽は万物に目を注ぎ、

主の業はその栄光に満ちている。

主はすべての驚くべき御業を語ることを、

天使たちにさえお許しにならなかった。

全能の主は、万物を揺るぎなく据えられた。

万物を主の栄光で満たし固められた。

主は地下の海も人の心も究め尽くし、

その見事な仕組みを知り尽くしておられる。

いと高き方はすべてのことに精通し、

時の徴に目を留められる。

主は、過去と未来を告げ知らせ、

隠されたものの形跡を明るみに出される。

いかなる思いも、主は見逃さず、

一言半句も主は聞き逃されない。

主は、御自分の知恵による壮大な業を秩序立て、

永遠から永遠にわたって変わらぬ方であられる。

主には、付け加えるものも取り去るものもなく

主はいかなる助言者も必要とされない。

主のすべての業はなんと見事なものであろうか。

目に映る小さな火花に至るまで。

これらすべてのものは永遠に活動を続け、

すべての必要を満たし、すべてに応じる。

すべてのものは対をなし、一方は他に対応する。

主は不完全なものを何一つ造られなかった。

一方は他の長所を更に強める。

だれが主の栄光を見て飽き足りたといえようか。

(シラ書42章1〜25節)

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。