【死】

死よ、お前のことを思うのは、

なんと苦痛に満ちたことか、

裕福で平穏無事に暮らしている者にとって、

また、心を悩まさず、すべてがうまくいき、

まだ楽しみを味わえる力を持つ者にとっては。

死よ、お前の宣告はなんとありがたいことか、

生活に困り、力衰えた者にとって、

また、老け込んで、あらゆることに心を悩まし、

頑固になり、忍耐を失った者にとっては。

死の宣告を恐れるな。

先に死んだ人と、後から来る人のことを考えよ。

この宣告は生あるものすべてに主から下される。

なぜお前は、いと高き方の御旨に逆らうのか。

お前が十年、百年、または千年生きたとしても、

陰府では、寿命の長さは問題とされない。

【不信仰な者】

罪人の子らは忌み嫌われる。

彼らは不信仰な者の巣窟で育てられる。

罪人の子らは財産をつぶし、

その子孫は絶えず非難を被る。

不信仰な父親を、その子らは責める。

父親のせいで彼らが非難されるから。

不信仰な者たちよ、お前たちは禍いだ。

いと高き方の律法を捨てたからだ。

〔お前たちの子孫が増えるのは、滅びるため、〕

お前たちが生まれたのは、呪われるため、

お前たちが死ぬのは、呪いを受けるためなのだ。

土から出たものは、みな土に帰るように、

不信仰な者たちは、呪いから滅びへと至る。

【名前】

人は、肉体の死を嘆き悲しむが、

罪人たちの名は悪しきものとして抹殺される。

名を重んじよ。それは後々まで残り、

金の詰まった幾千の大きな宝箱にもまさる。

幸せな日々には限りがある。

しかし、名は永久に残る。

子らよ、穏やかな心で教訓を守れ。

隠された知恵と埋もれた宝、

それが何の役に立つのか。

自分の知恵を隠す人よりは、

自分の愚かさを隠す人の方がましだ。

それゆえ、わたしの忠告に従え。

いつも卑下すればよいというものではない。

皆がすべてのことを善意で受け取るとは

かぎらないからだ。

【恥ずべき事柄】

みだらなふるまいを、父や母の前で、

偽りを、支配者や王侯の前で恥じよ。

犯罪を、裁判官や行政官の前で、

不法を、会衆や民の前で、

不正を仲間や友人の前で恥じよ。

盗みを、近所の人々の前で恥じよ。

神の真理と契約の前で恥じよ。

食卓にひじをつくような行儀の悪さ、

物をもらったり、与えたりするときの

無礼な態度を恥じよ。

挨拶されたのに知らぬ顔をすること、

娼婦にみだらな目を向けることを恥じよ。

身内の頼みを拒絶すること、

他人の取り分、他人に渡す分を着服すること、

人妻に言い寄ることを恥じよ。

他人の召し使いに手を出すことを恥じよ。

彼女の寝床に近寄ってはならない。

友人に非難の言葉を浴びせることを恥じよ。

施しをした後で小言を言ってはならない。

(シラ書41章1〜22節)

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。