【医者と薬】

医者をその仕事のゆえに敬え。

主が医者を造られたのだから。

いやしの業はいと高き方から授かり、

それによって、王からは褒美を受ける。

医者はその博識によって高い身分を与えられ、

権勢ある人々の前で驚嘆される。

主は大地から薬を造られた。

分別ある人は薬を軽んじたりはしない。

一本の木によって水が甘くなり、

木に備わる力が、明らかにされたではないか。

主は自ら人々にいやしの知識を授け、

その驚嘆すべき業のゆえにあがめられる。

医者は薬によって人をいやし、痛みを取り除く。

薬屋は薬を調合する。

主の業は決して終わることなく、

健康は主から全地の人々に与えられる。

子よ、病気になったら放置せず、

主に祈れ。そうすれば、主は治してくださる。

過ちを犯すな。手を汚すな。

あらゆる罪から心を清めよ。

良い香りの献げ物と、

質の良い小麦粉を供え物として献げよ。

余裕のあるかぎり十分に、供え物に油を注げ。

その上で、医者にも助けを求めよ。

主が医者を造られたのだから。

彼を去らせるな。お前には彼が必要なのだ。

医者の手によって病気が治る時もある。

医者もまた主に祈り求めているのだ。

病人の苦しみを和らげ、

命を永らえさせる治療に成功することを。

創造者に対して罪を犯す者は、

病気になって医者にかかるがよい。

【死者への哀悼】

子よ、死者のために涙を流せ。

お前は大きな苦痛を味わっているのだ。

悲しみの歌をうたえ。彼にふさわしい礼を尽くし、なきがらを包め。

また、埋葬をおろそかにするな。

悲痛の涙を流し、胸を打って嘆き悲しめ。

彼の名にふさわしく喪に服せ。

人からとやかく言われぬように一両日喪に服し、

その後、心痛がいやされるため弔問を受けよ。

なぜなら、悲しみから死が生じ、

心の悲しみが力を奪うから。

苦悩に身を置くかぎり、悲しみは付きまとい、

貧しい者の生活は、呪いに満ちたものとなる。

悲しみに心を奪われてはならない。

人生の終わりであったとあきらめ、

悲しみを払いのけよ。

忘れてはいけない。その人は戻らないのだ。

嘆いても彼のためにはならず、

自分の体を損なうだけだ。彼の運命であったと考えよ、

お前も同じ定めにあるのだから。

「昨日はわたし、今日はお前の番だ。」

死者を墓に休ませたなら、もう彼を思い出すな。

彼の霊が去ったなら、気を楽にせよ。

【職人と学者】

学者の知恵は、余暇があって初めて得られる。

実務に煩わされない人は、知恵ある者となる。

どうして知恵ある者となれようか、

鋤を握り、突き棒の扱いを自慢する者が。

また、牛を追い立て、仕事に忙しく、

話題は子牛のことばかりという者が。

彼は畝作りに没頭し、

夜も寝ないで若い雌牛にえさを与えている。

職人や職人頭も同じだ。

彼らは昼夜を分かたず仕事に励む。

印章を彫り込む人々、

さまざまな下絵書きに没頭する者も同じだ。

彼は本物そっくりに表現しようと精魂を傾け、

夜も寝ないで仕事を仕上げる。

鉄床のそばに座るかじ屋も同じだ。

彼は鉄の細工物を一心に見つめる。

熱風で体はやけどを負うが、

炉の熱にあてられながら、懸命に仕事をする。

彼の耳には、金づちのやかましい音が鳴り響き、

目は器の形に注がれる。

彼は仕事を完成させようと精魂を込め、

夜も寝ないで見事に仕上げる。

仕事場に腰を据える陶器職人も同じだ。

彼は足でろくろを回す。

常に仕事に熱中し、

その作品を数える。

彼は足で粘土をこねて、固さを除き、

手でそれを形づくる。

上塗りをかけて仕上げるのに精魂を込め、

夜も寝ないで、窯を掃除する。

これらの人々は皆自分の腕に頼り、

それぞれ、自分の仕事には熟練している。

彼らなしに、町は成り立たず、

住み着く人も、行き来する人もいない。

しかし、彼らは民の会議では意見を求められず、

集会においても責任ある地位には昇れない。

裁判官の座にもつけず、

法律にかかわる決まりも理解していない。

教訓や法律を説き明かすこともできず、

格言にも精通していない。

彼らは造られたこの世界の調和を固く保つ。

彼らの願いは、仕事を全うすることにある。

しかしながら、心を傾けて、

いと高き方の律法を研究する人がいる。

(シラ書38章 1〜34節)

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。