創世記

【イサクの妻】

それから何年かたって、アブラハムはとても年よりになりました。神はどんなことについてでも、アブラハムを祝福されました。

ある日のこと、アブラハムは、自分の財産をまかせているいちばん年うえのめしつかいをよんで、こう言いました。「どうかおまえの手をかしておくれ。主なる天と地との神にかけてちかっておくれ。息子のよめをカナン人の娘からえらばないでおくれ。わたしのくにへいって、親せきのなかからよめをさがしてきておくれ。」

めしつかいは「もしわたしのえらんだ娘さんが、このくににくるのをいやがったら、どうしましょう。息子さんを、おくにまでおつれしましょうか」とたずねました。

アブラハムは「息子をつれてゆくひつようはない。父の家からわたしをこの地につれてこられた天の神は、わたしとわたしの子孫にこの地をあたえようと、やくそくしてくださったのだから。

神は、天使をつかわしてくれて息子の妻をおしえてくださるだろう。その女がこのくににきたくないのなら、しかたがない。ただ、息子をハランにつれてゆくことだけはしないでくれ」と言いました。

−めしつかいの出発−

めしつかいは主人のラクダ十頭をつれて、出発しました。メソポタミアからナホルの町へついたのは夕ぐれで、女たちが夕飯の水をくみにくるころでした。彼は町のそとのいどのそばで、ラクダを休ませていました。

めしつかいは祈りました。「神よ、主人アブラハムの神よ、おねがいでございます。きょうわたしにおめぐみをほどこしてください。わたしは泉のそばに立っております。町の娘たちが水くみにくるでしょう。わたしが娘にむかって『あなたの水がめから水をのませてください』とたのみますと、その娘が『どうぞおのみください。ラクダにものませてあげましょう』と言いましたなら、この娘こそイサクさまのために神がおえらびくださったかただということにしてください。』

めしつかいが言いおわらないうちに、ひとりの若い娘がやってきました。その娘はリベカといって、その父はアブラハムのきょうだい、ナホルの息子でした。

彼女は水がめを肩にのせていました。とても美しくて若い、まだおよめにいっていない娘でした。彼女は井戸で水をくみ、こちらに近づいてきました。

−井戸ばたのリベカ−

めしつかいはその娘に「どうか水をすこしのませてください」と言いました。

すると娘は「どうぞめしあがってください」と言って、すばやく水がめを手にとって、のませました。そして「ラクダにも水をのませてやりましょう」と言って、娘は水がめの水をおけにあけ、またいそいで井戸まで水くみにいきました。こうしてラクダぜんぶに水をのませてやりました。

そのあいだ男は、神が自分の旅をせいこうさせてくださったかどうか知りたいと思いながら、じっとだまっていました。

ラクダがのみおわったとき、男は半シケル(4グラム)の重さの金の耳わと重い金のうでわを二つとりだしました。

そして「あなたはどなたのおじょうさまですか。あなたの家で、今夜とめていただけないでしょうか」とたずねました。

娘は言いました。「わたしはミルカとナホルの息子のベトエルの娘です。うちには、わらもたべものもじゅうぶんありますから、どうぞおとまりください。」

男は頭をさげて神をおがみました。「主人アブラハムの神はありがたい方だ! 神は、めぐみとまこととをゆたかにおあたえくださって、主人のきょうだいのうちへわたしをおみちぴきくださった。」

娘は自分の家へ走ってかえり、このできごとを話しました。

(つづく)

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。