創世記

—アブラハムとよばれる—

アブラムが九十九歳のときに、神は言われました。「わたしは全能の神である。おまえはわたしの道を歩み、完全なものとなれ。わたしはおまえと契約をむすび、子孫をふやそう。たくさんのものがおまえの子孫となるのだから、名まえをアブラハムとしなさい。わたしはおまえをたくさんの国民の父にする。わたしの契約は、おまえの子孫とのあいだにいつまでもつづくものである。おまえのうちはさかえ、国々の民や王がでるであろう。

おまえがいまよそものとして住んでいるカナンの地を、おまえの子孫の持ちものにしよう。わたしは、おまえの子孫の神となろう。

妻サライは、その名をサラとよびなさい。わたしはサラを祝福し、サラにひとりの男の子をさずけよう。サラは国々の民の母、国々の民の王の母となるであろう。」

アブラハムはひれふして聞いていましたが、心の中ではわらって、「百にもなる年のものに、どうして子どもが生まれよう。それに九十にもなるサラがどうして子どもを生めよう」と思っていました。

神は言われました。 「妻は男の子を生むであろう。その名をイサクとしなさい。わたしはイサクとその子孫に、いつまでもかわらない契約をむすぼう。」

−三人の天使−

ま昼のいちばん暑いときに、アブラハムがマムレの平野にはった天幕のいりぐちにすわっていますと、三人の天使があらわれました。

アブラハムは地にひれふして「どうかみなさま、ぜひわたしのところにお立ちよりになって休んでください。水をもってこさせますから、足をあらってください。パンももってまいりますから、それをめしあがって元気になってください。それから出発なさってはいかがですか」と言いました。

三人は「あなたの言うとおりにしましょう」と言いましたので、アブラハムは天幕にはいり、妻のサラに、「急いでこまかい麦粉を三人分用意してパンをやきなさい」と言いました。

それから彼は牛のむれのところへ走っていって、やわらかい子牛をえらび、若者にごちそうをつくるように言いつけました。

それから、バターやミルクや子牛を三人の前にならべてすすめました。アブラハムは、そばで給仕をしていました。

客たちが「あなたのおくさんはどこにいるのですか」とたずねましたので、「あの天幕のなかです」と答えますと、 「あなたのおくさんは男の子を生むでしょう」と三人のうちのひとりが言いました。

サラは、うしろの天幕のいりぐちでこの話を聞いていましたが、自分たちが年をとっていることを考えるとおかしくて、心のなかでわらっていました。

すると、神はアブラハムに言われました。「サラは、自分が年をとりすぎてるから子どもを生めるはずがないといってわらっているが、神にできないことがあるとでも言うのか。サラはかならず男の子を生むであろう。」

その後、神のやくそくどおり、男の子が生まれ、イサクと名づけられました。それは、「彼はわらうだろう」といういみです。

(つづく)

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。