詩篇 140篇

聖歌隊の指揮者によってうたわせたダビデの歌

主よ、悪しき人々からわたしを助け出し、

わたしを守って、

乱暴な人々からのがれさせてください。

彼らは心のうちに悪い事をはかり、

絶えず戦いを起します。

彼らはへびのようにおのが舌を鋭くし、

そのくちびるの下にはまむしの毒があります。〔セラ

主よ、わたしを保って、

悪しき人の手からのがれさせ、

わたしを守って、わが足をつまずかせようとする

乱暴な人々からのがれさせてください。

高ぶる者はわたしのためにわなを伏せ、

綱をもって網を張り、

道のほとりにわなを設けました。〔セラ

わたしは主に言います、「あなたはわが神です。

主よ、わが願いの声に耳を傾けてください。

わが救の力、主なる神よ、

あなたは戦いの日に、わがこうべをおおわれました。

主よ、悪しき人の願いをゆるさないでください。

その悪しき計画をとげさせないでください。〔セラ

わたしを囲む者がそのこうべをあげるとき、

そのくちびるの害悪で彼らをおおってください。

燃える炭を彼らの上に落してください。

彼らを穴に投げ入れ、

再び上がることのできないようにしてください。

悪口を言う者を世に立たせないでください。

乱暴な人をすみやかに災に追い捕えさせてください」。

わたしは主が苦しむ者の訴えをたすけ、

貧しい者のために正しいさばきを

行われることを知っています。

正しい人は必ずみ名に感謝し、

直き人はみ前に住むでしょう。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。