創世記

−アブラムの幻−

こんなことがあったあと、神のことばが幻のなかで聞こえてきました。 「アブラムよ、おそれてはならない。わたしはおまえの盾なのだから。いま、おまえに大きな報いをあげよう。」

アブラムは「神さま、わたしには子どもがなく、あとつぎといえばダマスコのエリエゼルというしもべですのに、わたしに何をさずけてくださるのでしょうか」とおたずねしました。

神は「その男でなく、おまえの子どもがあとつぎになるであろう。天をあおいで星をかぞえてごらん。おまえの子孫は、あのきらめく星と同じくらいに、かぞえきれないほどたくさんになるであろう」と、アブラムをそとにつれだして言われたのでした。

アブラムは神を信じ、神はまたアブラムを愛してくださいました。

神が「わたしは、カルデアのウルからおまえをつれだして、おまえにこの地をつがせようとした神である」と言われたので、アブラムは「おお神さま、わたしがこの地をつぐということが、どうしてわかるのでしょうか」とおたずねしました。

神は「三歳のめ牛と三歳のめヤギと三歳のお羊と、山バトと家バトのひなをささげなさい」と言われましたので、アブラムはそのとおりにしました。そして、このそなえものをきりさいて、むきあわせにしてならべました。家バトのひなだけは、そのままそなえました。あらあらしい鳥がこれらのそなえものをねらっておりてきたとき、彼はこの鳥をおいはらいました。

やがて日がしずみ、アブラムは深いねむりにおちました。おそろしいくらやみがあたりをつつむころ、神はアブラムに言われました。「おまえの子孫は、いまによその国ですごすことになる。そして四百年ものあいだ、使いまくられ、苦しめられる。しかし、苦しめた国民は、わたしがかならず罰しよう。おまえの子孫は、とらわれの四百年がすぎたあとでは、たくさんの財産をもって、自分の国にかえるであろう。おまえは、長生きをしてから安らかに先祖のもとにかえるであろう。」

神はまたアブラムと契約をむすんで「エジプトの川からあのユーフラテス川まで、おまえの子孫のものだ。その地に住むすべての人びとはおまえのものだ」と言われました。

(つづく)

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。