詩篇 139篇

聖歌隊の指揮者によってうたわせたダビデの歌

主よ、あなたはわたしを探り、

わたしを知りつくされました。

あなたはわがすわるをも、立つをも知り、

遠くからわが思いをわきまえられます。

あなたはわが歩むをも、伏すをも探り出し、

わがもろもろの道をことごとく知っておられます。

わたしの舌に一言もないのに、

主よ、あなたはことごとくそれを知られます。

あなたは後から、前からわたしを囲み、

わたしの上にみ手をおかれます。

このような知識はあまりに不思議で、

わたしには思いも及びません。

これは高くて達することはできません。

わたしはどこへ行って、

あなたのみたまを離れましょうか。

わたしはどこへ行って、

あなたのみ前をのがれましょうか。

わたしが天にのぼっても、あなたはそこにおられます。

わたしが陰府に床を設けても、

あなたはそこにおられます。

わたしがあけぼのの翼をかって海のはてに住んでも、

あなたのみ手はその所でわたしを導き、

あなたの右のみ手はわたしをささえられます。

「やみはわたしをおおい、

わたしを囲む光は夜となれ」とわたしが言っても、

あなたには、やみも暗くはなく、

夜も昼のように輝きます。

あなたには、やみも光も異なることはありません。

あなたはわが内臓をつくり、

わが母の胎内でわたしを組み立てられました。

わたしはあなたをほめたたえます。

あなたは恐るべく、くすしき方だからです。

あなたのみわざはくすしく、

あなたは最もよくわたしを知っておられます。

わたしが隠れた所で造られ、

地の深い所でつづり合されたとき、

わたしの骨はあなたに隠れることがなかった。

あなたの目は、

まだできあがらないわたしのからだを見られた。

わたしのためにつくられたわがよわいの日の

まだ一日もなかったとき、

その日はことごとくあなたの書にしるされた。

神よ、あなたのもろもろのみ思いは、

なんとわたしに尊いことでしょう。

その全体はなんと広大なことでしょう。

わたしがこれを数えようとすれば、

その数は砂よりも多い。

わたしが目ざめるとき、

わたしはなおあなたと共にいます。

神よ、どうか悪しき者を殺してください。

血を流す者をわたしから離れ去らせてください。

彼らは敵意をもってあなたをあなどり、

あなたに逆らって高ぶり、悪を行う人々です。

主よ、わたしはあなたを憎む者を憎み、

あなたに逆らって起り立つ者を

いとうではありませんか。

わたしは全く彼らを憎み、

彼らをわたしの敵と思います。

神よ、どうか、わたしを探って、わが心を知り、

わたしを試みて、わがもろもろの思いを

知ってください。

わたしに悪しき道のあるかないかを見て、

わたしをとこしえの道に導いてください。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。