詩篇 137篇

われらは

バビロンの川のほとりにすわり、

シオンを思い出して涙を流した。

われらはその中のやなぎにわれらの琴をかけた。

われらをとりこにした者が、

われらに歌を求めたからである。

われらを苦しめる者が楽しみにしようと、

「われらにシオンの歌を一つうたえ」と言った。

われらは外国にあって、

どうして主の歌をうたえようか。

エルサレムよ、もしわたしがあなたを忘れるならば、

わが右の手を衰えさせてください。

もしわたしがあなたを思い出さないならば、

もしわたしがエルサレムを

わが最高の喜びとしないならば、

わが舌をあごにつかせてください。

主よ、エドムの人々がエルサレムの日に、

「これを破壊せよ、これを破壊せよ、

その基までも破壊せよ」と

言ったことを覚えてください。

破壊者であるバビロンの娘よ、

あなたがわれらにしたことを、

あなたに仕返しする人はさいわいである。

あなたのみどりごを取って

岩になげうつ者はさいわいである。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。