《創世記》

【バベルの塔】

神がノアと契約をたてられたあと、ノアの子孫はひじょうにふえて、何代も何代もたちました。

このころ、世界じゅうの人たちは、同じことばをつかっていました。人びとは東のほうに旅をして、シナルの平野につき、そこに住みつきました。

「さあ、れんがをつくってよくやこう」と人びとは石のかわりにれんがをつかい、しっくいのかわりにアスファルトをつかいました。そして「町をつくり、塔をたてて、そのてっぺんが天までとどくようにしよう。わたしたちは、世界じゅうにちりぢりにならないようにしよう」と言いました。

そのとき神は、人間がたてている町と塔を見て言われました。「地上の人間は一つの民族であり、みんな同じことばをつかっている。もし彼らが心を一つにあわせてこんなことをはじめるなら、だれもそれをとめることができなくなるだろう。わたしは地上におりて、あの人たちのことばをみだし、おたがいにことばがつうじないようにしておこう。」

こうして神は、人びとを地上にひろくちらされたので、人びとは町をたてるのをやめました。そして、その町をたてていた場所は、バベルとよばれました。というのは、この地で世界じゅうのことばをみだされ、人びとを世界じゅうにちらされたからです。

(つづく)

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。