悪性リンパ腫の抗がん剤、ペプシドの副作用が生活に支障を来すようになりました。はじめは短期間の予定でいましたが半年経ちました。既に先週金曜日から服用を中止しました。(右首筋の悪性リンパ腫の腫れを抑えるカプセル抗がん剤)

ペプシドを服用すると6時間はベッドに金縛りになります。大切な使命も放棄せざるを得ません。考えに考えた末、自己責任として一つの結論を出しました。

悪性リンパ腫の、リツキサンを3ヶ月に一度点滴して、それで方策が尽きたら緩和ケアに移行する決意を固めました。理由の一番は生活の質の低下です。自分の精神力とは異質の、薬物の副作用はコントロールは不可能です。

加えて、気力喪失、吐き気、食欲不振等々があります。

生活の質の低下は私の使命遂行に支障をきたしています。

後は神のみ心、運命に従います。

オショチ†

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。