‖思い悩むな‖

と、イエスがいわれた。だが凡人の私の悩みは尽きない。

人間とはいったい誰なのか?如何なる存在者なのか、独りの人間として時折考える。

外見、内面、感情、すべてあわせて本当はどんな人間なのだろう?。真のアイデンティティー(自己同一性)は神への信仰心に合致するのか? 悩む。

私の悩みは二つに分けられる。イエスが望まなかった教会が、組織化され要求が厳しく、時代の流れに変質。人を試し、誤った霊的興味を掻き立て現在に至った経過である!

宗教団体の商いではないか?

時の権力、政治家に擦り寄り国民を顧みない。宗教団体。我が国では歓迎しない!

まだこれからいろいろ困難な闘いが続くが、歳月の流れは無情にも様々なものを押し流ていく。ウクライナの政権崩壊は、内戦にならなければよいが?人々が苦しいみをぶり返すのに時間はかかならない。

人間同士の素朴な心の助けあいは、やくたたづだろうか?信仰は優しいはずなのに、信仰組織と教祖を崇める間違いが、イエスから離れて暴力的国家に堕落する。神よ良き知恵をください†

私ごとは次回にします!

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。