詩篇 133篇

ダビデがよんだ都もうでの歌

見よ、兄弟が和合して共におるのは

いかに麗しく楽しいことであろう。

それはこうべに注がれた尊い油がひげに流れ、

アロンのひげに流れ、

その衣のえりにまで流れくだるようだ。

またヘルモンの露がシオンの山に下るようだ。

これは主がかしこに祝福を命じ、

とこしえに命を与えられたからである。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。