詩篇131篇

ダビデがよんだ都もうでの歌

主よ、わが心はおごらず、わが目は高ぶらず、

わたしはわが力の及ばない大いなる事と

くすしきわざとに関係いたしません。

かえって、乳離れしたみどりごが、

その母のふところに安らかにあるように、

わたしはわが魂を静め、かつ安らかにしました。

わが魂は乳離れしたみどりごのように、安らかです。

イスラエルよ、今からとこしえに

主によって望みをいだけ。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。