詩篇 130篇

都もうでの歌

主よ、わたしは深い淵からあなたに呼ばわる。

主よ、どうか、わが声を聞き、

あなたの耳をわが願いの声に傾けてください。

主よ、あなたがもし、もろもろの不義に

目をとめられるならば、

主よ、だれが立つことができましょうか。

しかしあなたには、ゆるしがあるので、

人に恐れかしこまれるでしょう。

わたしは主を待ち望みます、わが魂は待ち望みます。

そのみ言葉によって、わたしは望みをいだきます。

わが魂は夜回りが暁を待つにまさり、

夜回りが暁を待つにまさって主を待ち望みます。

イスラエルよ、主によって望みをいだけ。

主には、いつくしみがあり、

また豊かなあがないがあるからです。

主はイスラエルを

そのもろもろの不義からあがなわれます。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。