詩篇 127篇

ソロモンがよんだ都もうでの歌

主が家を建てられるのでなければ、

建てる者の勤労はむなしい。

主が町を守られるのでなければ、

守る者のさめているのはむなしい。

あなたがたが早く起き、おそく休み、

辛苦のかてを食べることは、むなしいことである。

主はその愛する者に、眠っている時にも、

なくてならぬものを与えられるからである。

見よ、子供たちは神から賜わった嗣業であり、

胎の実は報いの賜物である。

壮年の時の子供は勇士の手にある矢のようだ。

矢の満ちた矢筒を持つ人はさいわいである。

彼は門で敵と物言うとき恥じることはない。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。