詩篇 124篇

ダビデがよんだ都もうでの歌

今、イスラエルは言え、

主がもしわれらの方におられなかったならば、

人々がわれらに逆らって立ちあがったとき、

主がもしわれらの方におられなかったならば、

彼らの怒りがわれらにむかって燃えたったとき、

彼らはわれらを生きているままで、のんだであろう。

また大水はわれらを押し流し、

激流はわれらの上を越え、

さか巻く水はわれらの上を越えたであろう。

主はほむべきかな。

主はわれらをえじきとして

彼らの歯にわたされなかった。

われらは野鳥を捕えるわなをのがれる

鳥のようにのがれた。

わなは破れてわれらはのがれた。

われらの助けは天地を造られた主のみ名にある。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。