詩篇123篇

都もうでの歌

天に座しておられる者よ、

わたしはあなたにむかって目をあげます。

見よ、しもべがその主人の手に目をそそぎ、

はしためがその主婦の手に目をそそぐように、

われらはわれらの神、主に目をそそいで、

われらをあわれまれるのを待ちます。

主よ、われらをあわれんでください。

われらをあわれんでください。

われらに侮りが満ちあふれています。

思い煩いのない者のあざけりと、高ぶる者の侮りとは、

われらの魂に満ちあふれています。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。