詩篇 122篇

ダビデがよんだ都もうでの歌

1人々がわたしにむかって「われらは主の家に行こう」

と言ったとき、わたしは喜んだ。

エルサレムよ、われらの足は

あなたの門のうちに立っている。

しげくつらなった町のように

建てられているエルサレムよ、

もろもろの部族すなわち主の部族が、

そこに上って来て主のみ名に感謝することは、

イスラエルのおきてである。

そこにさばきの座、

ダビデの家の王座が設けられてあった。

エルサレムのために平安を祈れ、

「エルサレムを愛する者は栄え、

その城壁のうちに平安があり、

もろもろの殿のうちに安全があるように」と。

わが兄弟および友のために、わたしは

「エルサレムのうちに平安があるように」と言い、

われらの神、主の家のために、わたしは

エルサレムのさいわいを求めるであろう。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。