【軽率な判断をするな】

知恵があれば、身分の低い者でも頭角を現し、

高貴な人々と肩を並べることができる。

姿形が美しいからといって、人を褒めそやすな。

また、外見によって人を毛嫌いするな。

蜜蜂は、羽で飛ぶもののうち小さい方だが、

その作る蜜は、最高に甘い。

身につけている衣服を誇るな。

栄誉を受けるときでも、おごり高ぶるな。

主のなさることは、計り知れず、

その御業は、人々に隠されているからだ。

力を誇る多くの支配者が土下座するはめに陥り、

思いもよらぬ者が王冠をかぶることになった。

多くの権力者がひどい辱しめを受け、

高名な者たちが異国の人の手に渡された。

よく調べないうちに、とがめてはならない。

まず、じっくり考え、その後に叱れ。

よく聞かないうちに、答えてはならない。

他人の話に割り込むな。

自分にかかわりのない事で、人と争うな。

ならず者たちの言い争いに加わるな。

【多くの事に手を出すな】子よ、あまり多くの事に手をだすな。

何もかもしようとすれば、ひどい目に遭う。

やり遂げようとしても、果たすことはできず、

逃げようとしても、逃げきれるものではない。

苦労し、難儀し、懸命に事を運ぼうとしても、

その人はかえってますます遅れてしまうものだ。

のろまで、助けを必要とし、

何もできず、貧しさにあえいでいる人もいる。

しかし、主は、彼に目を注いで恵みを与え、

惨めな状態から引き上げ、

高めてくださった。

そこで、多くの人々は彼を見て非常に驚いた。

善と悪、生と死、

貧困と富は、主が与えるもの。

[知恵と悟り、それに律法の知識、

愛と善行の道、これらは、主が与えるもの。

迷いと闇とは、罪人と共に生じ、

悪は、それを誇る者と共にとどまる。]

主の賜物は、信仰深い人と共にあり、

主の御心は、常に彼らを成功に導いてくださる。

生活を切り詰め、強欲に富を蓄える人もいる。

だが、どんな報いがあると言うのか。

「これで安心だ。

自分の財産で食っていけるぞ」と言っても、

それがいつまで続くのか知るよしもなく、

財産を他人に残して、死んでいく。

契約をしっかり守り、それに心を向け、

自分の務めを果たしながら年老いていけ。

罪人が仕事に成功するのを見て、驚きねたむな。

主を信じて、お前の労働を続けよ。

貧しい人を、たちどころに金持ちにすることは、

主にとって、いともたやすいことなのだ。

主の祝福こそ、信仰深い人の受ける報いなのだ。

主は、幸せの花を、速やかに咲かせてくださる。

お前はこう言ってはならない。

「今の自分は何の役に立つのだろう。

今後役に立つとしたら、それは何だろう」と。

また、次のように言ってもならない。

「今の自分は満ち足りている。

今後どんな災害がふりかかるというのか」と。

人は、幸福なときには不幸を忘れ、

不幸なときには、幸福を思い出さない。

死に際して、生前の行状に応じて報いることは、

主にとって、いともたやすいことなのだ。

不幸に遭うと、すべての楽しみを忘れるが、

人の行いの評価は、その最期に明らかになる。

どんな人に対しても死を迎えるまでは、

その人のことを幸せだと言うな。

人間は、その子供たちによって、

本当の姿が知られるのだ。

【他人を家に入れるな】

だれかれかまわず家に招き入れるな。

悪賢い人間が、多くのたくらみをもって

うかがっているのだから。

高慢な人間の心は、

籠の中にいるおとりのうずらのようだ。

密偵のように、お前を陥れようと

すきをうかがっている。

彼は、善を曲げて悪に変えようとねらっており、

申し分のない行いにさえ、非難を浴びせる。

わずかな火種で、炭は燃え盛る。

罪人は、血を流そうとして、

はかりごとをめぐらしているのだ。

悪者に気をつけよ。

悪事をたくらんでいるのだから。

お前が傷つき、いつまでも苦しまないように。

他人を自分の家に同居させてみよ。

もめごとでお前は頭を悩まし、

身内の者からも疎まれる。

(シラ書11章1〜34節)

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。