詩篇 120篇

都もうでの歌

わたしが悩みのうちに、主に呼ばわると、

主はわたしに答えられる。

「主よ、偽りのくちびるから、

欺きの舌から、わたしを助け出してください」。

欺きの舌よ、おまえに何が与えられ、

何が加えられるであろうか。

ますらおの鋭い矢と、

えにしだの熱い炭とである。

わざわいなるかな、わたしはメセクにやどり、

ケダルの天幕のなかに住んでいる。

わたしは久しく平安を憎む者のなかに住んでいた。

わたしは平安を願う、

しかし、わたしが物言うとき、彼らは戦いを好む。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。