今日も神のご加護で

一日が過ごせました〓

いろいろ肉体的には辛いですが、辛い体験の中でも新たな発見がありま。それを伝えたくてメッセージを書いてみます。

我が身体の中の愛しい細胞達が力を合わせて、内外から攻めて来る悪い癌細菌と真剣勝負している姿を視ました。自然治癒力の仕組みをも視ました。"脳中夢"かもしれませんが?

この不思議な有様に、痛みを忘れしばし魅了され、興味をそそられました。生命の営みの最果てで命を組み立て維持する現実に感動しました!

人はやがて地上生活を閉じて天国に旅立つ〓ことになります。天国には新しい仕事が待ち受けているのです。今我々がやってきたどんな仕事より満足感は高く刺激的です!

あの、ウインストン・チヤーチルは「天国に行ったら最初の百万年は絵を描くことにあてて、絵画をとことん究めるつもりだ」と述べています。

まさにチヤーチルの言う通り!

神は天地を創造し、生き物、そしてあと人間を創られた。七日目に休まれた。創世記の物語において神はそれが時間を追って行われた。始まりがあり、途中経過があり、終わり〓ガあって、この過程の締めくくりに休まれた。とあります。それが聖日です!

しかし天国はそれぞれの能力を最大限行かす世界に変わりはありません!

人間には生まれつき基本的欲求と言う物があります。成長、学ぶ、愛情、人との繋がり、

夢にも思わなかた様々なことに直面しますがそれはあなたの宝物になります〓

良い夢を〓アーメン・ハレルヤ†

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。