−旅人(終章)−

函館を去る時、青函連絡船の最後部のデッキから、小さく小さく消えていく島影をいつまでも眺めていた。

「父の眠る北の大地よ。すべての思いを優しく受けとめてくれた北の大地よ。我が生あらば、今一度、この大地を踏みしめたい」

津軽海峡の波しぶきが、様々な思いを受け止め慰めてくれるように思えた。〓〓

アイとアイン号と私たちの北海道の旅はこのようにして、静かな終わりを告げた。いろいろな事が走馬灯のように浮かんでは消えていった。

あのトラピスト修道院の老修道士。北キツネの子ギツネ君。秩父別のルデアさん。アイを助けて下さった、稚内の命の恩人、高田先生。宗谷岬の荘厳な夕日。網走刑務所で祈ったKJ君の事。摩周湖で出会った全生園の青年。

35年前、根室でお世話になった、高木正一、恒子ご夫妻。根室スバル、清水モータースの温かいご一家との心の触れ合いなど。

旭川の赤川さん。父の会社の親切なあのドライバーのことなど……。皆まるで夢のようであった。

これからも旅はなお続く。これはおわりではない。ほんの旅の始まりにすぎないのだ。

助け(クリオン島のことを含めて)必要としている人がいる限り、私は地の果てまでもこの福音を携えて、この喜びを伝えるために旅をしたい。「旅人」という名の伝道者。これが、私の神に示された道である。 合掌

「心の旅路」より

次回、(あと書きを掲載)し終わります。拙文に、お付き合いいただき有り難うございました。感謝の内に†

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。