私がグレなかった背後に母の祈りがありました。私の告白ですが、一歩間違えると 疑い深くなります。想像力の幅が狭くなり、自分中心になりがちです。先に期待が持てません。悩みながら、読んだヒルトンの「失われた地平線」のなかの理想郷(シヤングリラ)に暮らす人間の物語りに、少し希望を持ちました。天国と同じように受け止めましたから。 試練の業火に身を焦がし、煉獄で鍛えられ人間の魂は磨かれて行くのだと思います。

愛の樹オショチ†

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。