詩篇 108篇

ダビデの歌、さんび

神よ、わが心は定まりました。

わが心は定まりました。

わたしは歌い、かつほめたたえます。

わが魂よ、さめよ。

立琴よ、琴よ、さめよ。

わたしはしののめを呼びさまします。

主よ、わたしはもろもろの民の中であなたに感謝し、

もろもろの国の中であなたをほめたたえます。

あなたのいつくしみは大きく、天にまでおよび

あなたのまことは雲にまで及ぶ。

神よ、みずからを天よりも高くし、

みさかえを全地の上にあげてください。

あなたの愛される者が助けを得るために、

右のみ手をもって救をほどこし、

わたしに答えてください。

神はその聖所で言われた、

「わたしは大いなる喜びをもってシケムを分かち、

スコテの谷を分かち与えよう。

ギレアデはわたしのもの、

マナセもわたしのものである。

エフライムはわたしのかぶと、

ユダはわたしのつえである。

モアブはわたしの足だらい、

エドムにはわたしのくつを投げる。

ペリシテについては、かちどきをあげる」。

だれがわたしを堅固な町に至らせるであろうか。

だれがわたしをエドムに導くであろうか。

神よ、あなたはわれらを捨てられたではありませんか。

神よ、あなたはわれらの軍勢と共に出て行かれません。

われらに助けを与えて、あだにむかわせてください。

人の助けはむなしいからです。

われらは神によって勇ましく働きます。

われらのあだを踏みにじる者は神だからです。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。