【バベルの塔】

世界中は同じ言葉を使って、同じように話していた。東の方から移動してきた人々は、シンアルの地に平野を見つけ、そこに住み着いた。

彼らは、「れんがを作り、それをよく焼こう」と話し合った。石の代わりにれんがを、しっくいの代わりにアスファルトを用いた。彼らは、「さあ、天まで届く塔のある町を建て、有名になろう。そして、全地に散らされることのないようにしよう」と言った。

主は降って来て、人の子らが建てた、塔のあるこの町を見て、言われた。

「彼らは一つの民で、皆一つの言葉を話しているから、このようなことをし始めたのだ。これでは、彼らが何を企てても、妨げることはできない。我々は降って行って、直ちに彼らの言葉を混乱させ、互いの言葉が聞き分けられぬようにしてしまおう。」

主は彼らをそこから全地に散らされたので、彼らはこの町の建設をやめた。こういうわけで、この町の名はバベルと呼ばれた。主がそこで全地の言葉を混乱(バラル)させ、また、主がそこから彼らを全地に散らされたからである。

(創世記11章1〜9節)

The tower Babel

And the whole earth had one language, and the same words.

And it came to pass as they journeyed from the east, that they found a plain in the land of Shinar, and dwelt there.

And they said one to another, Come on, let us make bricks and burn them thoroughly. And they had brick for stone, and they had asphalt for mortar.

And they said, Come on, let us build ourselves a city and a tower, the top of which may reach to the heavens; and let us make ourselves a name, lest we be scattered over the face of the whole earth.

And Jehovah came down to see the city and the tower which the children of men built.

And Jehova said, Behold,the people is one, and have all one language; this have they begun to do. And now will they be hindered in nothing that they meditate doing.

Come, let us go down, and there confused there language, that they may not understand one another's speech.

And Jehovah scattered them thence over the face of the whole earth. And they left off building the city.

Therefore was its name called Babel; because Jehovah there confused the language of the whole earth. And Jehovah scattered them thence over the face of the whole earth.

(Genesis:Chapter 11:1ー9)

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。