詩篇 95篇

さあ、われらは主にむかって歌い、

われらの救の岩にむかって喜ばしい声をあげよう。

われらは感謝をもって、み前に行き、

主にむかい、さんびの歌をもって、

喜ばしい声をあげよう。

主は大いなる神、

すべての神にまさって大いなる王だからである。

地の深い所は主のみ手にあり、

山々の頂もまた主のものである。

海は主のもの、主はこれを造られた。

またそのみ手はかわいた地を造られた。

さあ、われらは拝み、ひれ伏し、

われらの造り主、主のみ前にひざまずこう。

主はわれらの神であり、

われらはその牧の民、そのみ手の羊である。

どうか、あなたがたは、

きょう、そのみ声を聞くように。

あなたがたは、メリバにいた時のように、

また荒野のマッサにいた日のように、

心をかたくなにしてはならない。

あの時、あなたがたの先祖たちは

わたしのわざを見たにもかかわらず、

わたしを試み、わたしをためした。

わたしは四十年の間、その代をきらって言った、

「彼らは心の誤っている民であって、

わたしの道を知らない」と。

それゆえ、わたしは憤って、

彼らはわが安息に入ることができないと誓った。

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。