われに、われの弱さを見せればわが魂は屈みこむ。

わが心に見えない臆病の壁を作り望みを奪う。

われは、わが心に反抗し、弱き心よ出しゃばるな!と強く抗議する。

歳だからと言い訳するわれがいる。

まだまだこれからだと言い聞かせるわれがいる。

一人のなかに、二人がいる。

神の創造に無為無策の歳月などない。

怠惰で臆病者の、われよ去れ!

屈みこむ魂よ曙を呼び覚ませ!

「目覚めよ、わたしの誉れよ、目覚めよ、琴よ。わたしは曙を呼び覚まそう。」(詩編57)

愛の樹オショチ†

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。